光脱毛とレーザー脱毛と針脱毛

現在、脱毛の主流となっているのは光脱毛とレーザー脱毛です。光脱毛はエステで行われている方法です。レーザー脱毛は医療機関(美容皮膚科や美容外科)で行っています。

光(もしくはレーザー)を脱毛部位に当てます。光(レーザー)は黒い色素に反応し毛の元となる毛乳頭にダメージを与え生えにくくする方法です。

光脱毛とレーザー脱毛は使用する機器が異なります。エステでの光脱毛は出力が弱く、パワーがありません。エステでは特別な資格がなくても脱毛の施術をすることができます。もちろん必要な研修などは受けますが、簡単にできてしまいます。なので危険がないよう弱い出力の光しか当てることができません。

対して医療レーザー脱毛は、医師にしか扱うことのできない強い出力のレーザーを当てることができます。より毛根まで届くので、必要な回数も少なく済みます。

また医療機関と言うこともあり安心です。万が一肌トラブルが起こった際にも適切な処置を受けることができます。

ワキ脱毛すると脇汗がたくさん出るようになるという報告もありますが、脇汗を止める方法で解決できます。

光脱毛とレーザー脱毛ですが、厳密には永久脱毛ではありません。一生一本も毛が生えてこないというわけではありません。再び生えてくる可能性があります。

脱毛効果には個人差があるので必ずということはありませんが、永久ではないということを認識しておく必要があります。

特にエステでの光脱毛は日本での実績が浅く、正確な脱毛データがありません。十分満足しているという方もいれば、数年したら元通りになってしまったという方もいます。

医療レーザー脱毛でも再び生えてきたということがありますが、以前より細く弱い毛で産毛のようなものなのでさほど気にはならないようです。やはり医療レーザー脱毛の方が、高い効果があります。

しかし永久脱毛にこだわるのであれば、方法は針脱毛のみです。脱毛用に特殊加工された針を毛穴に刺します。針に電気を流し、その熱によって毛の元を焼き、破壊します。一度破壊すれば再生することはないので永久脱毛することができます。

しかし、針脱毛は強い痛みを伴います。痛みに関して感じ方はひとそれぞれですが、痛みに耐えることができず、脱毛を断念してしまう方もいるようです。

そして作業は一本一本行います。一度にできる範囲も限られているので、期間を要します。

光脱毛やレーザー脱毛に比べるとお肌への負担も大きくなります。しかし、確実に永久脱毛するには針脱毛しかできません。

脱毛の方法や効果もそれぞれ異なります。ご自身の求める方法を選ぶのが良いと思います。