自己処理によるレーザー脱毛への影響

レーザー脱毛の原理からすると、自己処理をしていたからといって脱毛効果が出ないということはありません。

レーザー脱毛は黒い色素に反応します。毛に直接反応するわけではなく、毛の元に反応するので関係ありません。レーザーが黒い色素に反応する熱によって毛の元にダメージを与え、生えにくくする方法です。

毛の生える方向などが影響するとしたら針脱毛です。二―ドル脱毛や電気脱毛とも呼ばれます。

脱毛用に特殊加工された針を毛穴に刺します。毛穴に針を刺し、電気を流します。その熱によって毛の元を焼き、破壊します。一度破壊すれば再生することはないので永久脱毛することができます。

また、永久脱毛できるのはこの針脱毛のみで、光脱毛やレーザー脱毛は厳密には永久ではありません。

針脱毛は、一本一本手作業で行います。毛の生えている向きを見ながら毛穴に針を刺していきます。そのために施術前には少しだけ毛を伸ばして行います。

針脱毛の場合は○分○○円というように時間で価格が設定されているところがほとんどです。毛の向きがバラバラだと効率よく施術を進められないため、時間がかかってしまい、結果少ない本数しかできません。

また、少し書きましたが、光脱毛やレーザー脱毛は永久脱毛ではありません。一生一本も毛が生えてこないという保証はありません。

町田のエステで行われているのは光脱毛です。光脱毛の場合には再び生えてくる可能性も高いので永久保証のところを選ぶのが良いと思います。

現在行っているのがカミソリによる脱毛なら、頻繁に行うようであればあまりお薦めできません。

カミソリは地肌も一緒に削ってしまい、炎症などの恐れがあります。毛抜きや脱毛剤、テープなどで抜くことはさらに大きな負担がかかります。

カミソリや抜くのに比べると少し物足りないかもしれませんが、お肌のことを考えたら電気シェーバーがお勧めです。

お肌を傷つけることなく除毛できるので、毎日の処理に使用されると良いかもしれません。