まさかの営業終了!!返金は可能?

基本的には契約書がすべてです。契約書を確認し、サインするのは自分自身です。回数に関して、契約書に記載する必要があるのであれば、説明を受けたように最低限脱毛に必要な15回と書くべきだと思います。

そのようにしないのには別の理由があるはずです。15回と書いてしまうと、15回未満で脱毛完了してしまった方に返金を求められる可能性があります。また今回のように営業終了や倒産によって施術できなくなった際の逃げ道とも考えられます。

脱毛する方が増えてきた現状がありますが、エステ業界は厳しい競争があるのも現実です。契約は慎重に行わなければなりません。倒産してしまったことまでも考え、検討しなくてはならないかもしれません。

会社からの対応はない限りは返金してもらうのは難しいかもしれません。訴訟に発展し、同じように契約書には記載されていないけれど口頭で説明を受けたという方が多数集まり、証言してくれるというのであれば違うかもしれません。

しかし非常に動力のいることです。実際にどのように説明され、これから動きがあるのかはわかりませんが、倒産してしまった会社の場合、基本的には返金は難しいかもしれません。

京都 全身脱毛
京都で全身脱毛するならココは外せない!満足度の高かった全身脱毛専門サロン!
xn--1lq642efuofoo.net