ニードル脱毛は痛いけど効果バツグン!

ワキ脱毛のニードル式を紹介します。

最近ではあまり主流ではなくなってきて、エステでも採用していないところが多いのですが、探せば利用できる所はまだあると思います。

ニードル脱毛とは、細いハリを毛穴に刺し、電流を流して根元を焼ききるような脱毛方法です。現在はレーザーやフラッシュ脱毛が主流ですが、以前は永久脱毛と言ったらニードル式が一般的でした。この方法はハリを刺さなければならないため主に医療機関で行われていましたが、エステでも行なっている所はあります。

エピレひざ下脱毛のオススメはこちら

医療機関だと麻酔を使いながら施術できるため、痛みをかなり軽減できます。エステだと医療行為は出来ないため、麻酔を使用せず針を刺す行為はとても痛みが強く、処理方法が確実でも痛みが我慢できないという人が多いのです。

ニードル式はハリを1本ずつ刺すため、処理が確実で電流を流して根元を焼ききる事によって、殆ど再生してこない脱毛方法です。永久脱毛とも言われているのはニードル式を表していることも多いです。

メリットはハリを1本1本刺すため、デザインを決めたいヒゲとか、レーザーやフラッシュ脱毛が使えない肌が黒い人、白髪の毛などに使えることです。また、フラッシュ脱毛では産毛になるほど処理能力が下がるため、その場合はニードル式で行ったほうが、より綺麗になりやすいです。

ワキ脱毛の場合も、完璧を目指すならニードル式のほうが良い場合もあるでしょう。ワキが黒ずんでいてレーザーやフラッシュ脱毛が使え無いと言われた人にもおススメします。